トップ > よくあるご質問Q&A

よくあるご質問Q&A

技術系社員が対象か?
MOTを技術系社員向けのMBAとする考え方もあるようですが、当社のMOTスクールでは必ずしも技術者だけを対象とは考えていません。技術と経営の双方を理解いただく内容ですので、技術をコアとする企業で働く方であればどなたでも学ぶ価値があると考えています。但し、研究開発部門や技術企画部門などに所属する技術系社員の参加者が多いのが現状です。
参加者の年齢層は? どの位の職位の人が多いのか?
30代から50代まで幅広いですが、平均年齢は40歳前後です。将来の幹部候補生もしくは既に管理者になられていて実践的なマネジメント手法を学ぶ目的で受講されている方が多いです。職位としては課長クラスの方々やリーダーといった方々が中心です。
どういった業界から参加しているのか?
製薬、ゼネコン、重工業、機械、IT、食品、エネルギーなど多種多様な業界から参加されています。ディスカッション等を通じて異なる価値観を習得できる異業種交流ネットワークの場としても活用されています。
講師陣の選定はどのように行っているのか?
基本的にはビジネススクールを実施している大学の教授・准教授、または経済産業省のMOT教材開発に携わっている大学教授・准教授が担当します。また、実務との関係から社会人向けビジネススクール(MBAもしくはMOT)で教壇に立った経験のある方や、現場第一線で活躍するコンサルタントの方にも登壇いただきます。
平日の講義の曜日は決まっているのか? スケジュールはどう決まるのか?
全国から招聘する講師の予定もあるため、決まった曜日の開催が難しいのが現状です。3ヶ月前を目安にスケジュールを決定し、メールあるいは受講生専用のウェブサイトにてお知らせします。
欠席した時はどうなるのか?
補講対応として、毎回の授業を録画し、DVDの貸し出しを行っています。また欠席時の教材についてもお届けしています。
開校日はいつか?
例年、大阪校は10月下旬、東京校は5月、名古屋校は8月の開講予定です。
受講料の支払い方法は?
基本的には、講義開始までに指定の銀行口座へのお振り込みをお願いします。
教育訓練給付金制度の対象とならないのか?
現時点では対象ではありません。
修了時には修了証等が交付されるのか?修了要件は?
主だった先生方に集まっていただいて修了認定委員会にて検討し、修了証を発行予定です。修了規定は各スクールによって、若干異なりますので、詳細につきましては、各スクール担当者までお尋ねください。
学位取得はできないのか?
現状では修士号といった学位の取得は出来ません。
スクールの雰囲気を覗くことは可能か?その場合は無料でよいか?
もちろん可能です。その際は、あらかじめ各スクール担当者までご連絡ください。

このページのトップへ

お問い合せ

お問い合せフォーム